読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「『シン・ゴジラ』を観て笑える神経が理解できない」という価値観を押し付ける神経が理解できない

www.goodbyebluethursday.com

「『シン・ゴジラ』を観て笑える神経が理解できない」 と題するブログを見かけた。
著者の方はどの様な方か存じ上げないが、気になったのでこの記事を書いた。

なお、この記事中では特にネタバレは無いが、元記事では

(『シン・ゴジラ』未鑑賞の方は、鑑賞後の閲覧をオススメします)

との事なので、ご注意頂きたい。

『シン・ゴジラ』は娯楽映画以外の何物でも無い

僕は何も下調べもせず、比較的先入観を持たずに『シン・ゴジラ』を見てきた。
率直に言って面白かった。
見た後にあれこれネットを調べて気付かなかったお遊びの部分を知った。
再確認したいとも思うし、もう一度見たいと思っている。
僕は映画館で2回見たいと思った事はあまりない。
その程度には面白かった。

ゴジラが東京を破壊する映画(この程度はネタバレではなかろう)なので、人が死ぬし、被災するシーンは当然出てくる。
被災したシーンが過去に日本で起きた悲惨な現実を想起させる事も、おそらく意図した上で描かれている。
この点に関して、元記事ではこの様に書かれているので引用する。

この映画において、私たちはゴジラの襲来をはっきりとした現実的なものとして捉えなければならない。『シン・ゴジラ』をただの娯楽映画だとしか捉えられない人は圧倒的に想像力が欠けている。

(太字は元記事のママ)

何をもって「想像力が欠けている」と断定するのか?

悲惨な現実も思い起こせないバカだと言いたいのか?
この映画には重大なテーマが隠されていて、そのテーマを考えさせる「社会的な映画作品」であって、ただの娯楽映画としか思わない知性の低いものは軽蔑すべきとでも言いたいのか?

制作者の意図は知らない。配給会社が何を考えてるのかも聞いた事もない。
しかし、この映画を「娯楽映画ですか?」と問われればそうですと答えるだろう。

僕は単純に映画を楽しみに行ったのだし、実際に面白く感じた。
ネットで言われている様に、ゴジラが何のメタファーであって、何を描いているのかも鑑賞中に十分に理解した。
それでも、映画の全編で、笑うなど不謹慎と言われる様な映画では無い。
陰鬱な気分にならなければバカと言われる様なものであれば僕は絶対に1,800円も払わない。
『シン・ゴジラ』は娯楽映画以外の何物でもない。
勝手な価値観を押し付けないで頂きたい。

では、



Sponsored Link