読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三菱重工神戸造船所

このタイトルに引っかかる人はまあいないだろう。
変な話だが本題をあまり目立つようにしたくなかったのでこのタイトルにした。

神戸市には三菱重工・神戸造船所(通称神船)と川崎重工・神戸工場が海に向かってほぼ隣に並んでいる。
数年前(東日本大震災以前)、僕はたまたま、そのどちらの工場にも仕事で出入りさせて頂いた時期があった。
どちらも広大な工場で様々なものを製造しているが、正門から入った一番奥(海側)に造船所がある。
工場内を好き勝手に歩き回る事はできないので、造船関係は仕事に関係なかった僕は造船所に入った事はなかった。

近年、船舶建造での国際競争力低下から、三菱重工神戸造船所では民間船舶の建造を長崎造船所に集約した為、神戸では民間船舶の建造は現在行われていない。
造船所としては主に潜水艦の建造に特化している様だ。

www.mhi.co.jp

川崎重工でも潜水艦を建造しており、この2工場で防衛省向け潜水艦を作っている。

日本では武器輸出三原則があって、潜水艦を輸出する事はなかったが、最近オーストラリアの潜水艦調達計画に共同開発相手として選んでもらえる様、ドイツ、フランスと争っていた。
ところが、今日この様なニュースがあった。

www.sankei.com

「熱意が欠けていた」との事で、検討対象から外された様である。 残念な結果だが、無理もないだろう。

何しろ武器本体の輸出である。今はあまり注目されていないが、反対する人たちは相当出てくる。
原発の輸出でも国を挙げてセールスをする他国に比べて、国内に反対勢力が多数いる日本では、一致団結して受注を後押しするなど期待できない。
国内に反対勢力が確実に出ると思えば、「熱意」もでないだろう。受注競争では有利に戦えない。

あまり大きな声では言えないが、防衛品の輸出は儲かる。
潜水艦自体の建造費が高額な事はもちろんだが、それとともに、メンテナンスで長期に渡り安定した収益が期待出来る。
造船業界では定期的なメンテナンス時期はあらかじめ決められており、収益を得られる時期を計画的に管理できるらしい。
また、補修部品についても、防衛品は特注品ばかりなので相当利益率が高い。
僕が三菱重工に出入りさせて頂いたのは造船ではなく、原発関係だったが、そこでは入札があるが、認定を受ける事のできる業者は限られる為、一般企業向けとは比較にならないほど利益率の高い見積もりがまかり通るので本当に驚いた事がある。
(但し、東日本大震災より以前の話なので、現在は状況が違うかもしれない)

防衛品は儲かるのである。
そしてそれが、今までは防衛省向けだけなので、あまり高額になると税金が一部の企業を潤す事になってしまい、社会的に問題になる可能性もあり得るが、輸出となれば別である。

海外からどれだけぼったくっても気にする事はない

日本はお人好し過ぎてカモにされているケースがよくあると思う。
少しくらい強欲すぎると感じるくらいで世界的には普通だろう。
そういう意味で、今回受注できない事がほぼ確定したことは残念に思う。

では、


Sponsored Link